スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
選挙
また、政治の季節が到来しています。
日本全国、選挙戦真っ只中。
本参院選よりネット選挙も解禁となり、さまざまな変化が見られます。

小生は立党してよりずっと幸福実現党応援しています。
立党当初は、

国防問題に関して
「そんな過激なことばかり言ってどうする。
 票とれなくなるよ」
経済問題について
「そんな甘いことばかり言って、財政はどうなる」
教育問題について
「いじめ防止法といったって、学校での話でしょう」

そうした意見も多かったと思います。
しかし、4年間にわたり、詳細については表現を変えたり、
時期にあわせたものにかわったりしていても、基本政策は変わらずに
訴えかけ続けてきた結果、見方も変わってきたのではないかと感じています。

本当に、2009年の各党のマニフェスト、今回の選挙の各党のマニフェスト、
見比べてみていただきたい。
現在争点になっていることについて、ほとんどの政党は声をあげていなかったり、
はっきり書いていなかったり、まったく逆のことを書いていたりします。

改めてはっきりといえば、

・増税によって、財政再建をなすことはできない!
 経済成長によってこそなすことができる!
 少し景気が上向いたところで増税しては、アクセルとブレーキを
 同時に踏んでいるようなものである!
 逆に、景気が少し上向いたところですぐバブルだとはやし立てたり、
 足踏み局面ですぐ駄目になったとはやし立てたりするようでは、
 本当の成長はのぞめない!
 長期的視野、最終的な上位の目標、その達成へのフローを描く力が必要だ!

・国防政策をきちんとしなければ、この国の未来は危ない!
 尖閣での漁船衝突問題がおきてから、
 はじめは漁船、そのうち偽装漁船、巡視船、果ては軍艦が出てくる。
 領海侵犯される範囲も、そのうち沖縄や、沖ノ鳥島まで広まってくる!
 これをはじめから訴えてきました。
 そのとおりになっています。

・教育問題
 国家百年の計とも言われる教育。
 この国に誇りをもてる、正しい歴史認識をもっていないと、外交上も不利になる!
 国家として、他国の政争の具として工作された場合にも、言い返す力が出てこない!
 「この国に生まれてよかった」といえる国民でありたい、そうした子どもを育てたい。


幸福実現党は、宗教政党。
逃げも隠れもしない、嘘は言わない政党。
目の前の選挙や、目の前の状況だけに右往左往することなく、
正しいことは正しい、間違っていることは間違っていると
 ほんとうのことをいいつづける 政党。

どのような扱いを受けようとも、
単なる売名行為でやっているのではないからこそ、
戦い続けるのが幸福実現党。

どこに入れたらいいんだろう、そう迷っている人。
初めての選挙、迷っているんだよなという人。
ずっと応援しているところが、最近どうも応援しがいがないという人。
もちろん、私は他党を推しているからという人も。
ぜひ、先入観をなくして、内容をみていただきたい。

http://hr-party.jp/

難しいと感じるなら・・・

>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

一生懸命頑張れば
「一生懸命頑張れば、金持ちになれると思うかい?」

みなさんどう思われますか?


だいぶ前に読んだ書籍を最近読み返しました。

「ユダヤ人大富豪の教え」本田健著 大和書房

この書籍は、青年(本田健氏)がアメリカで出会った大富豪との出会い
そしてその教えをもとに編まれたもの。

メンターとの出会い、東洋の言葉で言えば貴人との出会いといいましょうか。
そうしたものの大切さを感じます。

ところで、成功学のはしりともいわれるナポレオン・ヒル博士。
20年間にわたり世界中の成功者の取材を続けてきた博士ですが
この取材のはじめは鉄鋼王カーネギーとの出会いにあるようです。

>>続きを読む
邪は正すべし けじめをつけるべし 2
そういえば今日
近畿はもう入梅したそうですね。

来週とか言っていたにもかかわらず・・・


さて、1でも書きましたけども

昨今さまざまな批判が繰り広げられています。。。


その論点の整理として参考になると思いますのでぜひご一読いただきたい。
>>続きを読む
邪は正すべし けじめをつけるべし 1
小生のような未熟者が申すまでもなく

現政権に対しての批判が高まりつつあります。

読売新聞でも、数日前の1面トップで首相を批判。

メディアも明確に切りに入りつつあるのかもしれません。


>>続きを読む
原発報道 東京裁判と講和条約そして憲法
保守派の言論人として著名な
渡部昇一先生の講演についての記事がありました。

自分も氏の著作その他で学びの途上にあるお話で
大変参考になるものと思います。

知らないということは
間違いのもと

一種の悪ともなりえます。

無知なるを知り、学びに励みたいものです。
>>続きを読む
copyright © 2017 まろぐ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.