FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日米安保50周年
ですね

と、19日に書きたかったのだが

19日に50周年を迎えたそうです

現状では
日米同盟が不可欠であり
今後強化していく必要があると考える幸福実現党は
シンポジウムの開催と
全国主要ターミナル駅での辻立ち街宣
行ったようであります。

米国にとって
日本は世界でも2番手の債権国

そう簡単に切れる相手ではないのでしょうけど
あまりに機嫌を損ねてもですねぇ

対等な外交と
わがままはちがいますとでもいいましょうか

いいすぎですかね

普天間基地問題についても
迷走がつづいていますし
反対派の人たちは本当に県民なのかという疑問さえ(矢内筆勝さんなどが紹介されています)ありますし
↑これに関してはさまざまに情報がありますので
自分なりに情報整理できたらそれupしてもよいかなとも思ってますが・・・

そして、その現状をどうするのかわからん政権与党民主党・・・
明日(日付は今日ですな)24日だと思いますが名護市長選かな?
そこで民意を問うとかいわれてます

6年越しぐらいで
移転もきまったり
選挙もあったりしてきたうえで
いまさら?
って言う気もしますが・・・

とにかく・・・長引かせるのが一番周辺住民にも、日米関係にも危険といいますよね
どうにかしてほしいですな

その民主党の幹事長小沢さんは
今日任意聴取でしたね

記者会見もされてまして

結局
自分は知りません
検察は、公正な(小沢さんにとって?)捜査をしてほしいと。

しっかし検察vs小沢さんの闘争の歴史はなかなか長いようですね
なんか、東京の幸福実現党サポーターさんから聞いたという話を聞いたのですが、
検察特捜部は全員辞表を持って今、捜査に臨んでいるらしく。
この捜査で上層部が圧力をかけた時、それなら 「全員辞表を出す」いう啖呵を切ったんですと。 
そして 上層部に訴訟する、と訴えたのだそうです。
それだけ、覚悟を決めて、小沢一郎逮捕に向けて、腹をくくっていらっしゃるそうです。

どうなるのでしょう・・・
スポンサーサイト
参院選に向けて
だいぶ時間経ってしまった記事ですが

幸福実現党
参院選に向けて
記者会見行いました。

現地での様子は、右記リンクにもありますが
党の幹部の方々のブログ等にもありますのでそちらもよろしければどうぞ。

それで、
とにかくは、

今夏参院選において、幸福実現党は
47都道府県全てと、比例区に候補者を擁立することを決定しました!

新たな主要政策を発表しました

新しい「富国」「強兵」そして「学問のすすめ」
それぞれ、幸福実現党が民主党による国難として警鐘をならしてきた
「経済問題」「防衛問題」「教育問題」の3つに対応しています!

といったところでしょうか

以下に、
幸福実現党観察日記さんより全文転載いたします。
珍しく本買った・・・
さて、例の如く放置してしまいましたこのブログ

書きたいことは山ほどあったのだけれども
なかなか
暇というか気力というかなくて


「もし」たのしみにしてくださってる方いたらほんとに申し訳ないです・・・
いたら言って下さいね笑

で、とりあえず
かけるとこから書きましょう

さて

自分は
なかなか本を買わない

いちいち買っていたら金銭的にも間に合わないし
といった理由が主だけれども

まぁ、少しは余裕が出てきたら蔵書を増やしていくのもよいかなとは思うけれども。


その自分が珍しく本を買ったわけですよ。

まぁ古本屋(BOOK OFF)で

>>続きを読む
平凡からの出発
さて

今日塾で

「受験生に贈る言葉」というのを書いてきた。


塾講師が受験生に向けてメッセージをかき
塾の壁に貼っておくのだという。

何を書こうか・・・
悩んだ末、自分はこんな言葉を書いた。


平凡の自覚

自助努力の精神が道を開く!

明るい笑顔で

不敗の地に立とう!



自分の戒めにもなるような気もする。
室長曰く、sanyuらしいそうだ。

さぁ、意味わかってもらえるだろうか・・・

ちなみに自分のこめた意味はこうであります。
>>続きを読む

テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

にほんが・・・・
オーパの幸福実現党応援宣言!さん
"小沢”一頭”独裁政治による「日本改造計画」とは「日本中国化計画」の実現?">小沢”一頭”独裁政治による「日本改造計画」とは「日本中国化計画」の実現?
 より転載

小沢”一頭”独裁体制下での日本解体への準備が着々と進んでいるようだ。

民主党は、マニフェストに書かれていない、裏マニフェストとも言われる政策INDEXにしか載せていない外国人参政権や夫婦別姓法案、重国籍、外国人住民基本法案など、通常国家で可決させようとする動きが出てきている。なぜ民主党は、こうも自分達の党利党略で国家の安全のことなど考えず、国体を崩壊させ、内政干渉を許し、国防を損なうような政策ばかり遂行しようとするのだろうか。

・事業仕分けで業界悲鳴、景気に大打撃
・陳情窓口を民主党幹事長室に一元化⇒自民党解体へ
・議員立法の禁止⇒独裁政治化
は、これまで民主党がやってきたこと。

そして、このまま民主政権での売国法案・政策が続々と進んでいくとすれば、
・普天間問題で日米同盟危機⇒反米、親中アメリカの核の傘から、中国の核の傘への移行
・中国朝貢外交団派遣⇒社会主義化
・移民政策⇒中国、韓国人の大量移民
・東アジア共同体構想⇒日本の中国の属国化、植民地化
などが、まさに実現しそうだ。

おそらく小沢氏は、衆議院で過半数を獲得した勢いで参院選でも勝利、さらに2/3以上を確保して憲法改正をやろうとしているのだろうと思う。

そのため民主党は、外国人参政権に賛成している公明党を取り込み、自民党を切り崩して衆院選で2/3を確保する動きが出てくるでしょう。元々、公明党は、自民党より、民主党に近い考え方なので参院選後には社民党を外し、公明党との連立構想が浮上してくるものと思われる。

その後、自らが首相になって憲法改正を行い、参議院を廃止し、”一頭”独裁体制へと移行させようとする動きになってくるのではないかと考えられる。

これが、小沢氏の考えていることではないだろうか。

去年の10月小沢は、普天間基地移設問題で日米同盟が危うくなっている時期に600人も大挙して引き連れて朝貢外交を行ない、その後韓国へも訪れている。まさに小沢傀儡民主政権が軸足を置いているのは、”アメリカ”ではなく、間違いなく”中韓”なのである。

そして窮めつけは、慣例を破る天皇陛下と習近平中国国家副主席の特例会見についての発言「陛下が内閣の意を受けて行動するのは当然のことだ」、また、「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官を改めて激しく批判し、羽毛田氏に対して「あいつこそどうかしている。天皇の権威をカサにきている」と批判している。14日の記者会見でも「もしどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ。当たり前でしょ、役人なんだもん」と述べて辞任を要求している。

まさに、自分の一存で何でもできる、自分の上には何者もいないような傲慢な発言である。

小沢氏に言いたい。自分が天皇陛下を自由に出来るほど偉い存在なのかい?

政治家とは、謙虚に国民の声を聞くべき立場の人間じゃないのかい?

それから、現在の中国や韓国や北朝鮮が良識ある国に見えるのかい?

中国は、軍事パレードを大々的に行い最新兵器を公開することで、60年間で軍事力と経済力を兼ね備えた「世界の大国」に変貌した姿を世界に誇示しようとしている国である。最近では、チベットやウイグルでの虐殺を知らない筈はないだろう?

小沢は、自身が16年前の自民党時代に「日本改造計画」を出版していたが、小沢氏による「日本改造計画」とは「日本中国化計画」の実現なのか?

民主主義とは、選挙で多数を確保した政党が何をやってもいいと言うことではないぞ。

現代においては、民主主義政治が最高の政治であるように思われているところがあるが、民主主義は最高の政治システムではない。それは衆愚政治とも成り得るものであり、国会議員として、”正しき心”を持っているものがトップに立って行ってこそ、民主主義は正しく機能するということを知らねばならない。

過去ドイツでは、ヒトラー率いるナチスが国民投票・住民投票といった形で民主主義的に独裁政権を樹立し、その後第二次大戦へと突入していったいう歴史がある。また、共産主義国家、社会主義国家はほとんど独裁政治であり、虐殺や粛清が行われてきた国家であるということを知っておかなくてはならないだろう。

小沢は、日本を中国の庇護の下、三流国家とすることを目指しているのだろうか?
それとも、日米同盟崩壊させ、日本を全体主義国家に引きずり込み、戦争へ突っ走り、再び焼け野原にでもするつもりなのだろうか。
そう考えると、「小鳩」小沢傀儡政権は、まさしく「ヒトラーの亡霊」「マルクスの亡霊」が操っているのかもしれないとも思えてくる。

幸福実現党は、民主党のような数の暴力で政治を行うのではなく、徳において人々に尊敬されるような政治家が国を治める政治(徳治主義的民主主義)を実現すべく活動をしている団体であるのです。そして日本での政治体制確固としたものとし、世界の平和・幸福の実現に向けて日本の幸福実現党に続けという運動が起こっていくことを願っているのです。

テーマ:幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

事業仕訳人も危惧する社会主義政策
幸福実現党山口県本部代表・村田純一 公式ブログ「Let's try to get great change!村田純一」より転載

民主党によると、
今回の予算は「第三の道」
だそうです。

第一の道が公共事業による経済対策。
第二の道が規制緩和と構造改革に代表される小泉竹中路線。
そして第三の道が直接給付による需要創出。
つまりバラマキという事ですが

昨日紹介した「テレビ国家戦略室」の討論参加者の中に、
実は事業仕訳人だった大学教授の方がいらっしゃいました。
菅氏が、
今回の第三の道がいかに画期的なのか、
つまりバラマキ政策がいかに画期的なのか、
を説明している時、
その大学教授から、
「第三の道はいいが、民主党政権は第四の道に行くのではないか心配している」
という内容の発言がありました。
司会者の第四の道とは?との問いに、
その教授は、
「社会主義への道」
だと答えたのです。

その瞬間、
菅氏は絶句していました。(゜ロ゜)
それまでも集中砲火を浴びていた菅氏にすれば、
「ブルータスお前もか」
という心境だったのではないでしょうか。
あるいは、
鳩山首相と同じで、
意味が分からなくて固まっていたのかもしれませんし、
もしくは、
そうだったのかと初めて気づいた瞬間だったのかもしれません。

いずれにしても、
幸福実現党がかねてより指摘してきた通りの、
本質をついた実に鋭い見解です。

その方は、
富の大部分を生み出しているのは企業であり、
その企業への施策がなくてどうやって経済成長させるのか、
とも問うていましたが、
まさにその通りです。

このように、
民主党の政策が社会主義政策であるということを、
首相以下政権内部に
自覚している人がいないのが致命的な問題です。
この自覚のなさが配分にばかり目がいって、
成長戦略を描けない原因なのは明らかです。
そして政権に対する不安がそのまま、
経済に悪影響を及ぼしています。

政府のかじ取りは完全に誤っています。
日本を絶対に社会主義国家になどしてはなりません。
一刻も早く日本を
自由の手に取り戻すのが幸福実現党の使命です。
応援よろしくお願いいたしますm(__)m


幸福実現党は宗教政党ということで
独裁など行いそうだ
怖いといった声もききますが

その精神は
自由主義を広げようとするものです。

幸福実現党、がんばれ!
勇気あれ!にっぽん!

テーマ:幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

おび
OB会がありました。。。

それは1月2日のことでした・・・

いやー楽しかったですよ。


久方ぶりに、大勢のOB、OGと再開です。

なつかしい・・・

そして、いいなぁこのつながり
弓道部はいってよかったと感じます。

最初は、久しぶりだなーこのかんじ、とおもっていましたが
ちょっとするとやっぱ慣れるんですね。

以前は何年も一緒だった人たちですから。

んでいろいろ雑談もしたし
進路の話その他いろいろしたし

楽しかった。

久々に後輩でした笑
いつもえらそうにしててすみませんm(__)m

まぁ・・・
こういうつながりはこれからも大切にしていきたいなと。

そして自分もいい先輩になっていきたいなとおもいましたとさ。

ちなみにちょっと自慢すれば

今日は久々の弓道でしたが(結局今回の休み期間中は道場にいけず)

8射6中(四ツ矢二立ちで一立目皆中!!)
でしたよー
んで、男子一位b

いやはや、去年は惨憺たる・・・
一か零だった気が・・・・
去年は大変だったのね笑

まぁ・・・もっと実りある大会で成績をともおもうけど
こんなところででも中るようになっただけ進歩ですわ。

的中率8割、9割へ向けてまだまだ修行・精進です。

入部してからの夢

五段には挑戦してから卒業。

せっかくチャンスが増えましたから
がんばります。

p.s.意外と立派な大根が収穫できました。
根が割れてたりしませんよb

今度気分がのったら写真あっぷします
志(こころざし)

強く高くもっていたいものであります。

昨年は、原級留置ということで
結局高専に留まっておりましたけれども(色々楽しめたし有意義だったので戦略的撤退であったということで笑

今年はついに進路を決める年となります。

自分は
高専から大学への編入学、これを目指していこうとおもっております。

その道・・・・
これが奇跡へと続く軌跡となるのか否か・・・

そもそも高専という学校を選んだ時点で世間の多くとは異質の道を歩み始めているものだと感じるものですけれども、
さらに
小生は高専生としては一般に非ざる方向へと進もうとしております(たぶん)

さて、偉人というのは奇跡を、そうとは感じさせない、当然のように行うことができる人であろうと思います。
時代の半歩先、一歩先ではなく、
さらに先を見据えて行動するが故に、同時代にある人には奇人、変人に見られることも多いでしょう。

小生は、未だ平凡人の域を脱さず、ただの変人であろうことは自覚すれども、
将来必ずや非凡たる人へなっていきたいものであります。

そのためには、歴史に冠たる偉人の如く、大きな構想と情熱を持たねばならないと感じます。
創造的に、クリエイティブに生きていきたい。

人の目には奇人と映ろうと、自分の決めた未来像へ一歩一歩進めることがその道であろうと思います。

己が道を進むならば
奇人で結構、変人で結構、それなら得意であります笑

人が見えぬ先に向けて、努力を積み重ねていけるひととなりたい・・・

とまぁ偉そうに書いてしまいましたけれども・・・
これから勉強などがんばっていくはじめなので強い決意をと思いまして

まぁ・・・夢以上に偉大な未来は訪れないといいますから。

夢は限りなく大きく、明確なビジョンをもって、ということですな

さて、今年がんばるぞー
謹賀寅年
あけましておめでとうございます。

少々遅めですけれども・・・


さぁ、2010年ですね。

2000年代も、はじめの10年を終えました。
2000年問題がどうのとかいっていたのを懐かしく思います。

そしてノストラダムスの予言で99年ごろが危ないとかいっていたのが

今度はマヤ暦の2012年が危ないというのになって

よぅみつけてくるなぁとおもったりもするのですが


終わらせてたまるかっちゅうはなしですよ。

これからまだまだ夢のある未来を築いていきたいのですから

夢がないと楽しくないですからね。


さて・・・
現政権がつづいていけば
悪ければさらなる構造的な不況となり、10年不況がまたやってくるなどと
いわれておりますし

下手をすれば、中国の属国となってしまうとか

そんな暗い未来嫌ですね。

そんな国難をさけるためにも
自分個人にとっても、日本にとっても
世界にとってもよい未来になっていくために

するべき努力をし、
大いに学び、
よき決断をしてまいりたいと、おもっております

どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

p.s.ぇーと・・・今年は諸事情により、昨年我が家に返事いただいた方にしか年賀状送っておりません・・・
年賀の挨拶がおくれますこと失礼いたします

ぇー・・・本年がよき年となりますようお祈り申し上げます。
copyright © 2018 まろぐ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.