FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100射会
をしたわけではないのですが

今日久々に100射以上引きました。

今日は卒研の作業のおやすみの日にしていたので
午前の授業後1時間ちょっとと、お昼ご飯後2時間弱くらいですかね。
弓道してました。

そもそも、先週の審査以来引いていない上に
しばらくそんなに矢数もかけていませんでしたので
さすがに途中矢が飛ばなくなってきたりしておりました・・・

まぁでも最終的に102射57中かな・・・?
それくらいでしたとさ。

かつて100射引いた頃は・・・
2年生の頃だけかな
3年のときしたかな・・・

とりあえず、とにかく人より矢数をかけていた頃(我が部内での話)でしたが
その頃はまだ3割くらいしかあたっていなかったのかな
3割にも届いていなかったくらいかもしれませんね。
たしか先輩が100射近く引いて五割くらい中てているのをみながらあこがれていましたが
自分もどうにかそうしたレベルに達することができているようです。

弓は半分中てて一人前

という言い方をされることもあります。
そろそろ一人前ですか?笑

まぁ・・・五段でようやく一人前というか
弓人として認められるという話もありますし
段位が全てでも中りがすべてでもないのかなとおもいますが汗

とりあえず、自分の進歩を感じることのできた一日でした。
まぁ・・・もっと良い射を行じたいものですが・・・
スポンサーサイト
弓道 四段
またおひさしぶりです。

さて・・・
まぁいろいろなことありますけども

とりあえずこの間の日曜日(10日)
柳川で審査うけてきました。

四段五回目ー
一度も欠かさず受け続けてまいりました審査も今回で
学生弓道としては最後となりました。

結果はだめでした・・・orz
やっぱむずかしいですな

学生はやはり二本、良い射でしっかり詰めないといけないと。
先生にもいつも指導されておりまして。

甲矢はとてもよかったと師範にも、地連の会長さん(審査員)にもほめていただきました。
この射がもう一本出れば確実だと思われたそうです。

というか、「乙矢は間違ってでも食いついてでも中てておけばよかっただろう」とのこと。

自己修養の不足を感じた次第であります。

まぁ・・・今回の反省点、自分にははっきりとわかっています。
あきらかに、自己信頼がたりませんでした。
離れの直前、一瞬気の迷いがありましたし、先生方や同級生にもそれが見えたようです。

とにかくは・・・むずかしいなともおもいつつ
こうした審査の機会があることは自分の射のみならず自己修養に関しても省みることのできる重要な機会なのだなと改めて感じました。

まぁ・・・まだ二十歳ですからね
先はながいです。
早熟して消えていくよりは、苦労して後々まで晩成させていくほうがよいのかもしれません。

いずれにしても、自己鍛錬はしっかりしていかねば
心を練っていかねばと思います。

そして・・・この間受けていた後輩達・・・
これからも頑張ってほしいものですね。
自分も今までしてもらった指導のうち伝えられるものを
できるだけ伝えていきたいとおもってます。

ちなみに・・・
学科は
「弓道修練の目的について述べよ」
「基本の動作における注意点について述べよ」

でーした。
copyright © 2018 まろぐ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.