FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一生懸命頑張れば
「一生懸命頑張れば、金持ちになれると思うかい?」

みなさんどう思われますか?


だいぶ前に読んだ書籍を最近読み返しました。

「ユダヤ人大富豪の教え」本田健著 大和書房

この書籍は、青年(本田健氏)がアメリカで出会った大富豪との出会い
そしてその教えをもとに編まれたもの。

メンターとの出会い、東洋の言葉で言えば貴人との出会いといいましょうか。
そうしたものの大切さを感じます。

ところで、成功学のはしりともいわれるナポレオン・ヒル博士。
20年間にわたり世界中の成功者の取材を続けてきた博士ですが
この取材のはじめは鉄鋼王カーネギーとの出会いにあるようです。

「報酬無しだが、世界の成功者を取材し、成功法をまとめてほしい。受けてくれるか?」
この申し出を受けてから取材を始める博士。
報酬無しとは・・・とおもうけども、それだけたくさんの成功者と出会い続けているうちに
自らも成功への道を歩んでいくことになる・・・

話がそれました。ヒル博士についてはまた稿を改めましょう。


さて、一生懸命努力すれば・・・

この物語の中で、大富豪ゲラー氏は
「ほとんどの人間は精一杯やっている。努力した人間がみな成功できたら
どんなにいいだろうね」

「君が提供したサービスの量と質=君が受け取る報酬額」


と教える。
「普通の人は『人からもらえるもの』にしか興味がないのだ」

「お金のことを忘れろというのは、サービスをすることに意識を没頭しなさいという意味」

などなど与える愛の観点から述べられている。

また、実際の成功者であり、かつユダヤ人としてドイツでの迫害から逃れて
数々の修羅場を乗り越えた上で富を築いた成功者らしく

成功の裏にある厳しさというものについても説く。


「世の中には自由な人間とそうでない人間がいる」

「自由でいるためには責任が伴う」

そして、これも重要なことだと思う。
流れを読むことの大切さを船にたとえ、

「(多くの人は)どの船に乗るかしか考えないのだ。大きければいいと考える連中がいる。
でも、いくら船室や施設が良くても、船長の舵取りが悪ければ、
タイタニックのような豪華客船でも沈むのだ。」


ものや人を見る目
直観力をたかめていかなくてはならないものだとおもう・・・


その他さまざま参考になる書と思います。

スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/04 (金) 20:34:15 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
「一生懸命頑張れば、金持ちになれると思うかい?」みなさんどう思われますか?だいぶ前に読んだ書籍を最近読み返しました。「ユダヤ人大富豪の教え」本田健著 大和書房この書籍は、青年(本田健氏)がアメリカで出会った大富豪との出会いそしてその教えをもとに編まれた...
2012/05/04(金) 01:00:07 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2018 まろぐ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.